ここんにき日記

【ここんにき】 とは、このあたり・この付近 という長崎の言葉です。ここんにきな情報を、有限会社トータル・サービスが長崎より発信!

お茶の中心は静岡と叫ぶ

とあるスーパーに行ったところ、
ご贈答用として、箱入りのお茶が並んでおりました。

うむ。やはりセンターは静岡茶なのですよ。

お茶は静岡を中心に詰められております



しかしながら、長崎県もお茶どころだったりするわけです。
静岡をセンターにすえつつ、そっと左側からその存在をアピールしているお茶、
これこそまさに、長崎茶です。

と書いたところで、長崎県外出身の方々にはなんと読むのか難しい組みあわせ。
意外と長崎人はそれに気づいていないわけですが。

答えは「彼杵」とかいて、「そのぎ」と読みます。

長崎人は、
「本気」と書いて「マジ」と読むタイプが多いのかしら?
なんて思ったのは、引っ越してきて間もないにき子です。

そして右側。これは実は福岡県のお茶なのです。
九州二つの県を従えて、なんだか水戸黄門に見えてくる静岡茶です。
もしかしたら、缶の中には印籠が入っているかもしれません。
ちなみに、長らく助さんを演じ、いまや水戸黄門さまに出世なさった里見浩太郎さんは
静岡県出身なのですよ!

というわけで、格さんの位置に鎮座まします、右側の缶を見てみましょう。
そこに並ぶ文字をじっくり見ますと、八人の女性が茶摘をする姿を思い浮かべる方も
多いかと思います(多いか?)
しかしこれは、「八女」と書いて「やめ」と読みます。”やめちゃ”ですね。

福岡も、「運命」と書いて「さだめ」と読むタイプの人が
多いのでしょうか、、、

長閑と書いて「のどか」と読むのは正しいんですけどね。
(にき子的に、その読みがなに一番ショックを受けた漢字であります)


ブログ王
↑↑↑ランキング参加中!クリックしていただけると嬉しいです。

 

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

長崎で売れている本

◎長崎新聞3月13日付
ランキング3位

◎長崎新聞紙面で
3月25日に紹介されました


超人気・園長先生からの
とっておきアドバイス
ママ、「早くしなさい!」
って言わないで


著者:加藤 富美子
発売元:PHP研究所

一度ご覧ください

安心ツーリング

プロフィール

HN:
ここんにき子
性別:
非公開
職業:
金融業
趣味:
子育て(ということにしておきます)
自己紹介:
24年末より、三代目ここんにき子を襲名。
長崎生まれの長崎育ち。
2人のハイパーな娘達を相手に
子育て奮闘中です♪
目下の目標は、いかに自分の時間を捻出するか!
長崎のおすすめ情報(どうでもいい情報も)をドンドン
更新して行きたいたいと思いま~す。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析

Copyright ©  -- ここんにき日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /