ここんにき日記

【ここんにき】 とは、このあたり・この付近 という長崎の言葉です。ここんにきな情報を、有限会社トータル・サービスが長崎より発信!

ボタンの間隔の問題です

トータル・サービスは、三井生命長崎ビルの5階にあります。

健康のために階段を昇る手もありますが、
やはりエレベーターを使って出入りをするのが一般的かとおもいます。

ビルのエレベーターは二機。
どちらもサッと扉をしめて、颯爽と昇降を繰り返す働き者ですが、ひとつ大きな問題が。



それは

ボタンの間隔が狭いということ。

ボタンの間隔の狭さをご覧あれ!
  
【ボタンの間隔の狭さをご覧あれ!】


●5階に行きたいのに4階のボタンを押してしまい、各駅停車にしてしまう

●閉まりかけたエレベーターに慌てて乗せてもらった上に、うっかり降りない階のボタンを押してしまい
  エレベーター内の空気を気まずくする。

●後から乗ってこられた方の利用階数を聞いて押してさしあげたつもりが、
  違う階を押すダメエレベーターガールに変身する。

などなど、ボタンの狭さゆえに、愉快?な体験談は数知れず。
意外なオプション機能付のエレベーターでもあります。

ちなみにこれは私だけではなく、同乗した他の事務所の方々も口をそろえておっしゃる(←ここ大事)
ので、ボタンの狭さは折り紙付といえましょう。

ある日、そんなエレベーターに乗り込んだところ、
「すいましぇーん」と声が。

両手に書類を抱えた社長が小走りでやってくるではありませんか!
忙しい社長のこと。もう一機のエレベーターはなかなかやってこないと踏んだのでしょう、
乗ろうとこちらに向かってきます。

と、そこでエレベーターの扉が閉まりかかったので、
社員のにき子が押すのは、当然のごとく「開く」。

の、はずが、、、

次の瞬間、
目の前には見事にゲートインしたサラブレットのごとく、
扉に肩をはさまれた社長の姿

挟まれた社長のイメージ図
  
【挟まれた社長のイメージ図】


なーんしよっと!

といわれたのは言うまでもありません。
閉まるボタンなぞ押すはずも無いのですが、にき子の指の下にあったのは「閉まる」だったようです。
決して本心ではないのです
ただ単にボタンの間隔の幅が狭かっただけで。

来るべき高齢化社会を考えるに、
このボタンの間隔の狭さや階数表示の小ささは非常に問題があるとにき子は考えます。
エレベーターのボタンデザインの改善を要求します!

社長ごめんなさい、、、
ここだけの話、挟まれた社長がすんごい面白かったです。
ぶははははー。



ブログ王
↑↑↑ランキング参加中!クリックしていただけると嬉しいです。

 

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

長崎で売れている本

◎長崎新聞3月13日付
ランキング3位

◎長崎新聞紙面で
3月25日に紹介されました


超人気・園長先生からの
とっておきアドバイス
ママ、「早くしなさい!」
って言わないで


著者:加藤 富美子
発売元:PHP研究所

一度ご覧ください

安心ツーリング

プロフィール

HN:
ここんにき子
性別:
非公開
職業:
金融業
趣味:
子育て(ということにしておきます)
自己紹介:
24年末より、三代目ここんにき子を襲名。
長崎生まれの長崎育ち。
2人のハイパーな娘達を相手に
子育て奮闘中です♪
目下の目標は、いかに自分の時間を捻出するか!
長崎のおすすめ情報(どうでもいい情報も)をドンドン
更新して行きたいたいと思いま~す。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析

Copyright ©  -- ここんにき日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /